サプリメントの選び方について調べまとめました

サプリメントとはどういうものを選んだらいい?

犬用サプリメントの選び方

犬用のサプリメントは、目的に合わせてあらゆるものが市販されています。まずは目的を明確にして、有効成分がきちんと含まれているかどうかの成分チェックが重要です。

その際に気をつけるべきは、天然由来成分を使っているかどうか。天然由来成分とは天然の素材から栄養素を抽出したものを合成して作られた成分で、吸収率も高く、安全に栄養補給を行うことができます。また、犬によってはサプリに含まれる成分でアレルギー反応を起こしてしまう場合がありますので、犬が何にアレルギーを持っているかを把握しておくことは重要です。

そしてサプリに含まれる添加物は十分にチェックしてください。ドッグフードと同様、せっかく犬の健康のために与えているサプリに、犬の健康を害する添加物が大量に含まれていては逆効果になってしまいます。出来るだけ添加物が含まれていないものを選びましょう。

犬用サプリメントを取り入れる際の注意点

サプリメントは食品と同じく成分は栄養素であるため、基本的に副作用はないとされていますが、食べ合わせや量によって体が過敏に反応してしまうことがあります。そのため、1回に摂取する用量はしっかり守って与えましょう。1度や2度与えて効果が出ないからと言って量や頻度を勝手に増やしたりしないよう注意してください。

添加物が含まれていないサプリを選んだ場合は特に、保存方法と賞味期限に注意しなければなりません。温度差の激しい場所や直射日光が当たる場所に長期間放置してしまっては効能がなくなるだけでなく、体に毒になる可能性もあります。保存方法を守って、賞味期限内に使い切るようにしてください。

サプリメントは継続的に与えることで効果を発揮するものです。個体差や病状によってさらに時間がかかる場合もあることを念頭に置いて、食事と並行しながら継続的に試してみることをオススメします。

治療中の薬と併用しても大丈夫?

癌の治療中で薬を服用している場合、飼い主さんの判断でサプリメントを与えることに抵抗があるかもしれません。基本的には成分が食品と同じなので薬と併用しても大丈夫ですが、心配な場合は獣医師に相談してから与えるようにしましょう。仮に服用中の薬によって食べ物が制限されているような場合には、サプリの成分にも注意する必要があります。

ごくまれに薬とサプリメントの併用によって薬の効果を低下させる場合がありますが、犬や猫に与えるサプリについてはこれまでそういった事例は紹介されていないようです。薬同士の併用ほどは危険がないと思っておいていいでしょう。

ただし、食べ物でも食べ合わせによってお腹を壊したりすることがあるように、サプリとフードの組み合わせや、サプリとサプリの組み合わせが体調によっては不調を引き起こすことがないとは言えません。サプリの成分と同様、与えているフードの成分にも注意しながら、サプリを与えた後の犬の様子をよく見ておきましょう

治療中に薬と併用できる犬用癌治療・予防サプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ