癌になりやすい食べ物や癌を予防する食べ物について調べまとめました

癌になりやすい食べ物とは?

癌になりやすい食べ物

牛、豚、馬、羊といった四足歩行動物のタンパク質を過剰に摂取すると癌の発生が促されるという研究結果が近年アメリカで発表されました。タンパク質は体内に摂取されるとアミノ酸に分解された後、必要な形に組み直されて機能しますが、動物性タンパク質が増えすぎた場合は肝細胞内の合成酵素が活発化し、活性酸素が増えすぎてしまうのです。動物性タンパク質だけでなく動物性脂肪の過剰摂取も同じく癌になる確率を上げると言われていますが、これは動物性脂肪の摂取によって増えたLDLコレステロールが活性酸素によって酸化し、癌を発生しやすくするためだそうです。

これは人が癌を発症するシステムの話ですが、同じようなシステムが犬にも考えられる可能性が出て来ました。これは元来肉食動物だった犬が人に飼われることによって雑食に変化してきたことが大きく関係していると言われています。人と同じように犬も動物性タンパク質と脂質の摂りすぎには注意しなければなりません。癌だけでなくあらゆる病気を予防するためにも、血液がドロドロになるような食生活は避けるように注意しましょう。

癌を予防する食べ物

動物性タンパク質の摂りすぎは避けなければいけませんが、適量のタンパク質とアミノ酸は癌の予防によいだけでなく、癌にかかっている犬の食事に必要とも言われています。タンパク質は高品質で消化しやすいもの、アミノ酸は免疫力を強化するアルギニンと消化管の健康の維持に役立つグルタミンの2つを摂取しなければなりません。

また、オメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸が癌の予防や抑制に効果があるため、これを含むアマニ油を摂取するとよいと言われています。一方ルリヂサ油や月見草オイルなどに含まれるオメガ6脂肪酸は避けるよう注意しましょう。

そして砂糖や果物、乳製品、はちみつ、チョコレートなどの単純炭水化物は最小限に抑えるよう注意しなければなりませんが、ブロッコリーやにんじんビタミンやミネラルを豊富に含んでいので、炭水化物を含んではいますが癌の予防や再発防止によいと言われています。

癌を持つ犬のための自然食品

癌を発症している犬でも、食欲がある場合は抗癌性を持つ食べ物をしっかり食べさせましょう。クランベリーやラズベリー、ブルーベリーは抗酸化作用を持ち、またこれらに含まれるレスベラトロールは抗癌性であることがわかっています。また、ニンニクはビタミンA、B1、C、そしてセレン、亜鉛、カリウム、マンガン、銅、鉄、カルシウムなど豊富なミネラルが含まれており、免疫力を上げるのにとても良いとされています。さらに昆布やワカメに含まれるフコイダンには癌細胞を自滅させるアポトーシスと呼ばれる作用があります。また、ザクロは腫瘍の成長や悪化を遅らせる効果があり、しいたけに含まれるレンチナンは免疫システムをサポートし、抗腫瘍特性を持っています。

この他にも、トマトやブロッコリー、にんじん、さやいんげんなど、栄養価が高く抗酸化作用がある自然食品はいくつもあります。癌が進行して食欲がなくなってしまった犬には、フードプロセッサーでペースト状にするなどして食べやすくしてあげてみるなど工夫して栄養素を摂取できるようにしてみましょう。その効果によって再び食欲が戻り、自分でご飯が食べられるようになることもあります。

犬の癌予防・癌治療に効果的だと評判のサプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ