犬の肝臓癌の症状と原因について調べまとめました

犬の癌は予防できるの?

犬の癌を予防する

犬の癌の予防には、毎日のほんの少しの心がけやよい環境、よい習慣を意識することが大切です。ここではどんなところに気を付けてゆけばよいか、いくつかの項目別に解説しています。

食事

癌の予防や治療によいとされているのは、高タンパク、低炭水化物、天然、高品質の食事です。特にトウモロコシや小麦などの穀物をベースとした食品は、高温で処理した場合に発癌性物質を生み出し、またトウモロコシや小麦を構成する単糖は癌の食料になってしまいます。そのため癌予防の点においては、炭水化物を多く含む市販のドッグフードを与え続けるのは危険です。低炭水化物・高タンパクのフードを選ぶか、手作りのフードで成分をきちんと把握した上で与えましょう。

ただし、手作りのフードを与える場合には、白米やパン、うどんなどの穀類はもちろん、糖質の高いかぼちゃじゃがいも、サツマイモなどの野菜を与えないよう十分注意してください。

サプリメント

癌の予防にはサプリメントも非常に役立ちます。食事だけでは摂ることのできない栄養素や、抗酸化作用を持ち免疫力をアップする成分を含むサプリメントを日常的に摂取することで、基礎的な体力が上がり、癌にかかりにくい体を作ることができます。

例えばオーガニックココナッツオイルは抗酸化作用だけでなく、抗腫瘍特性を持つ脂肪酸を含むため、癌の予防に役立つと言われています。さらに近年抗腫瘍効果が注目されているアガリクスを含むサプリメントは、免疫細胞を活性化させる力があると言われており、癌の予防に役立つだけでなく、あらゆる病気をブロックする力をつけてくれます。

ちなみに、こちらのサイトで特におすすめしているアガリクスを配合した高品質の犬用サプリメントは以下の通りです。

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

詳しい商品の情報や価格、ネット口コミや評判については「ネットで愛犬の癌に効果的だと評判のサプリランキング」のページでご紹介していますので、ぜひご覧下さい。

ハーブ

癌の予防としてハーブの使用も注目されています。癌を予防するために有効な抗癌特性を持つハーブとして、キノコニンニク緑茶、そしてクルクミンウコンレンゲ生姜などが挙げられています。

冬虫夏草・レイシ・シイタケ・マイタケなどのキノコ類は、白血球への影響によって免疫力を高め、さらに抗炎症特性抗菌特性抗酸化特性などを持っていることも最近の研究でわかっています。緑茶は免疫力を高めることで有名ですが、体内の酸化防止に役立ち、癌の予防だけでなく治療にも効果的と言われています。ニンニクは免疫力をアップし、有益な細胞を刺激して増殖させることにも役立ちます。

生活習慣

癌の予防には毎日の生活習慣も大きく影響します。体内に不可欠な防御システムの1つであるリンパの循環を健康に保つためには、定期的な運動がとても効果的です。また、犬の足から心臓に向かってブラッシングをすることもリンパの循環を促進する効果があります。

癌を予防するための生活習慣としては睡眠も重要な要因の1つです。免疫力を向上させる強力な抗癌ホルモンであるメラトニンを生成するためには、完全な暗闇で最低9時間の連続した睡眠をとることが必要とされています。

そして免疫力を下げてしまういちばんの要因はストレスです。犬がどんなことにストレスを感じているかをよく把握し、スキンシップを増やす、散歩の時間を十分に取る、といったようにストレスの少ない環境作りを心がけましょう。

避妊・去勢手術

犬がかかる癌のうち特定のもの、例えば乳癌・卵巣癌・精巣癌などの癌は、若いうちに避妊または去勢手術を行うことで発症を防ぐことが可能です。ただし、早期の避妊手術はメスの犬にとっては血管肉腫の発症リスクを上げてしまったり、1歳になる前に避妊手術去勢手術を受けた犬は骨肉腫を発生しやすくなったりするという面もあります。

1つのリスクを排除して別のリスクを上げてしまうようなことがないように、避妊・去勢手術を行う場合は犬種の特性をよく調べて時期を決めてください。また、犬種によって発癌リスクの高い癌の種類が異なりますので、よく調べてから行うようにしましょう。

ページのトップへ