犬のリンパ腫の症状と原因について調べまとめました

様々な原因が考えられるリンパ腫

犬のリンパ腫の病態と症状

犬のリンパ腫とは白血球の一種であるリンパ球が癌化し増殖していく病気で、リンパ肉腫とも呼ばれます。リンパは体中に存在するため、全身のいたるところで発生する可能性があります。犬の腫瘍の中では発生率が高く、全体の7〜24%を占めると言われています。発生年齢は生後6ヶ月から15歳と幅広く、多いのは5〜10歳頃です。

体表面のリンパ節が腫れる多中心型、腸内のリンパ節に発生する消化器型、肺と胸椎、胸骨に囲まれた空間に腫瘍が発生する縦隔型、皮膚に発生する皮膚型、眼、中枢神経系、骨、精巣、鼻腔などに発生する節外型などがあり、最も多いのは多中心型で全体の約80%に上り、皮膚型と節外型は非常に稀なタイプです。

症状は発生した場所によって異なります。多中心型は顎の下のリンパ節が腫れたり、肝臓や脾臓が腫れて腹部が張ったり膨らんだりすることがあります。消化器型は下痢、嘔吐、食欲不振などの症状が表れます。縦隔型は多飲多尿に加えて、嘔吐、下痢、便秘などの症状が出る場合もあります。皮膚型は皮膚が赤くなる、フケが多くなる、斑点が出来るなど様々で、アトピー性皮膚炎や膿皮症と症状が似ています。節外型は眼に発生した場合はブドウ膜炎、角膜炎、網膜剥離など多様な症状を示し、中枢神経に発生した場合は発作や麻痺を引き起こすことがあります。

犬のリンパ腫の原因

現在のところ、犬のリンパ腫を発生させる原因は解明されていませんが、除草剤や電線から発する強力な磁場が関連するという研究報告があり、都市部で暮らす犬に発症率が高いという報告もあります。また、アメリカではドッグランに用いられている人工芝に発がん性が疑われるという議論が持ち上がっており、日本でも安全性に関する調査が行われ始めましたが、このことから人工芝の関連性も注目されています。

さらに、こちらも原因はわかっていませんが、発症率が高い犬種の傾向があることから、遺伝的要因も検討されています。やや発症率が高い犬種としては、ボクサー、バセットハウンド、スコティッシュテリア、ロットワイラー、コッカースパニエル、セントバーナード、ブルドッグ、ゴールデンレトリバーなどが挙げられています。逆にダックスフントやポメラニアンなどは発症しにくい犬種として名前が挙がっています。

犬のリンパ腫の治療

リンパ腫は化学療法が有効な数少ない悪性腫瘍で、そのため抗がん剤による化学療法が第一の治療法として選択されます。化学療法を行った場合、およそ80%の確率で腫れが引き、寛解すると言われています。あくまで生活の質の向上を目指した治療であり根治を狙うものではありませんが、治療をまったく行わなかった場合の生存期間が4〜6週間とされているのに対し、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロン、シクロフォスファミド、L-アスパラギナーゼなどの複数の薬剤を併用することで、比較的長期的な寛解が望めると考えられています。

抗がん剤の投与以外にも、放射線療法や外科療法、免疫療法が検討される場合もあります。主に化学療法に反応しない腫瘍や、縦隔に発生した大きな腫瘍、あるいは一箇所だけの皮膚の病変に対して行われるのが一般的です。

犬のリンパ腫に効果的だと評判のサプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ