犬の脳腫瘍の症状と原因について調べまとめました

犬の脳腫瘍の症状と原因!対策方法をしっかり学ぶ

犬の脳腫瘍の病態と症状

犬の脳腫瘍にも人と同じように2種類あり、脳細胞が腫瘍化して起こる原発性脳腫瘍と、体内の他の部位に発生した癌が転移して起こる転移性脳腫瘍があります。原発性脳腫瘍の場合は良性と悪性があり、手術で取り除けば元気になることもあります。

脳は体や心の動きを司る場所であるため、障害が発生した場所によって体や心の機能に影響が表れます。これは良性でも悪性でも同じことです。脳腫瘍が発生する部位として最も一般的なのが脳と脊髄を囲む髄膜ですが、発生した部位にかかわらず脳腫瘍の症状としてよく表れるのが痙攣です。その他には食欲の減退や逆に極端な過食、無気力、眼球の揺れ、歩行困難などがあります。また、飼い主さんが気付きやすいのが性格の劇的な変化で、穏やかだった大人しい犬が突然攻撃的になったり、ほとんど吠えなかった犬が臆病になって急激に吠えるようになったりするといった変化が表れる場合があります。

犬の脳腫瘍の原因

脳腫瘍も犬の他の癌と同じく、明確な原因は現在のところ認められていません。転移性脳腫瘍の場合は他の部位に発生した癌が原因ですが、原発性脳腫瘍の場合はある日突然発生し、脳腫瘍かどうかを特定できないうちに亡くなることも少なくないようです。原発性脳腫瘍の発生の要因として現在のところ挙げられているのは、頭部に深刻な怪我や外傷がある場合、放射能や強力な磁場に長時間さらされた場合、そして農薬や添加物の摂取などです。

また、発症する年齢が7歳以上で比較的高齢になるとかかりやすい病気であることから、加齢もリスク要因の1つと考えられています。さらに、ボクサーやブルドッグ、ボストンテリアなどの短頭犬が脳腫瘍の発生率が高いことや、ゴールデンレトリバーが特に髄膜に発生する脳腫瘍にかかりやすい傾向があることなどから、遺伝的要因もあると言われています。

犬の脳腫瘍の治療

脳腫瘍と診断された時点で犬の年齢が若く体力があり、腫瘍が切除可能な場所である場合は外科手術が施されますが、高齢で手術が難しい場合は緩和治療を行います。高齢の犬が発症しやすい病気であること、また脳腫瘍は診断が難しいことなどから、症状を緩和するための投薬を行いながら様子を見ることも多いようです。

MRI検査や脳脊髄液検査を実施して脳腫瘍かどうかの検査を行うことができるのは大学病院や大病院のみであるため、通常の動物病院では症状や脳以外の体の部位のチェックをした後に脳炎や脳代謝異常などの可能性を探り、最終的に脳腫瘍かどうかを判断するといった手順がとられることが多く、それも脳腫瘍と特定することが困難である原因の1つとなっています。

悪性の脳腫瘍であることがはっきりしている場合は放射線治療や抗がん剤による化学療法を行いますが、いずれも費用が高く治療成功率もまだ低いため、飼い主さんは動物病院の先生と相談しながら治療方法を検討していかなければなりません。立てられる対策は発見が早いほど選択肢が増えるので、早期発見につとめることが必要です。

犬の脳腫瘍に効果的だと評判のサプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ