犬の骨肉腫の症状と原因について調べまとめました

悪性度が高い骨肉腫

犬の骨肉腫の病態と症状

骨肉腫とは、骨髄や皮質骨、骨膜などの組織が癌化して起こります。犬の骨に腫瘍が見つかった場合にはいくつかのケースが考えられますが、そのうち90%近くを占めるのが悪性の骨肉腫で、四肢の骨、特に関節付近での発生が多く見られ、頭蓋骨、下顎骨、肋骨、椎骨(背骨)などにも発症します。

骨肉腫にかかるのは大型から超大型犬に多く、7〜8歳が最も発症しやすい年齢と言われますが、小型犬や幼犬もまれにかかることがあります。腫瘍細胞が血管を介して全身に移動するため転移しやすく、症状が表れて診断を受けた時点ですでに肺や骨への転移が起こっていることが多いようです。

骨肉腫の初期には軽度の跛行が見られる程度ですが、進行するにつれて痛みが強くなり、脚に硬い腫れが見られる、脚を引きずるように歩く、歩くのを嫌がるようになる、運動量が減る、といった症状が出て来ます。怪我をしたせいで歩き方が変わったり、歩くのを嫌がったりするのは時間が経つにつれおさまりますが、骨肉腫の場合は時間経過と共に傾向が強くなるため、見分けるポイントとして押さえておくとよいでしょう。

犬の骨肉腫の原因

犬の骨肉腫の明確な原因はわかっていませんが、体重が10kg以上の犬種の骨肉腫の発症率が10kg未満の犬種の150倍と言われていることや、体重が15kg未満の犬種がかかる骨肉腫と25kg以上の大型犬がかかる骨肉腫のパターンが異なることなどから、その原因には体の大きさや体重に何らかの関係があると考えられています。大型犬が発症する骨肉腫はほとんど四肢の骨に表れ、そのうちの80%以上が悪性であるのに対し、小型犬の場合は60%以上が体軸骨に表れ、悪性である確率は50%以下です。

また、約5%以下というほんの少しの確率ではありますが、発症の原因として骨折が疑われる骨肉腫があります。骨折治療に用いられた金属プレートの腐食や、プレートから溶け出した金属イオンが疑わしいと言われており、これまでのデータによると骨折治療から約6.3年で発症しています。

犬の骨肉腫の治療

腫瘍がまだ小さく、犬に体力がある場合は外科手術で腫瘍を切除します。ただし骨の癌であるため、四肢に出来ている場合は断脚することになります。断脚した場合でも高確率で肺へ転移してしまうため、術後に抗がん剤治療や放射線治療を行う場合がほとんどです。それらを行った場合でも余命が半年から10ヶ月という大変根治が難しい病気ですが、それでも痛みが非常に強いため、生活の質を少しでも向上させる目的で断脚手術を行う場合が多いようです。ただ、下顎の骨肉腫に関しては切除した場合、1年以上生きることも少なくないと言われています。

肺への転移があると手術も難しく、痛みを鎮痛剤で抑えながら抗がん剤や放射線治療を行うしかなくなるため、出来るだけ早期発見・早期治療が望ましい病気の1つです。そのために飼い主さんは日頃からマッサージをして、前肢の先端や肩口、膝の周辺などに硬い腫れが出ていないかどうかをよくチェックしてください。ただし、腫れがある部分をマッサージしてしまうとリンパ管を通じて細胞が広がってしまう危険性があるので、よく注意しながら、異変があった場合にはただちに獣医さんに相談しましょう。

犬の骨肉腫に効果的だと評判のサプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ