犬の肝臓癌の症状と原因について調べまとめました

愛犬が肝臓がんと診断された・・・症状やサプリを知りたい

犬の肝臓癌の病態と症状

肝臓癌は発生頻度が高い一方で初期症状がほとんどなく、症状が見られる頃には癌が進行していることが多いのが特徴です。そのため、定期的な血液検査が早期発見のための唯一の有効な手段であると言われています。

肝臓癌には原発性と転移性があり、原発性の肝臓癌には肝細胞癌・肝内胆管癌・肝臓内の血管肉腫があります。この中で最も多いのは肝細胞癌で、進行しても他の臓器に転移することはあまりなく、肝臓内で広がって行きます。一方、転移性の肝臓癌は、悪性リンパ腫や大腸癌、胃癌、肺癌、乳癌、膵臓癌など、他の臓器に発生した癌が転移して肝臓に発生したものです。肝臓は大量の血液が送り込まれる臓器であるため、他の癌の転移先になりやすいと言われています。

肝臓癌が進行すると、嘔吐、食欲不振、体重の減少、口の渇き、過度の頻尿、無気力、血便、貧血、黄疸などの症状が見られるようになりますが、これらはすべて他の病気でも起こりうる症状であるため、発見が遅れる原因にもなっています。さらに悪化すると出血、下痢、腹水の貯留などが起こり、肝臓の解毒能力が著しく低下してくると血液中のアンモニア濃度が高くなって肝性脳症を引き起こし、最終的には昏睡状態に陥ります。

犬の肝臓癌の原因

原発性肝臓癌は10歳以上の老犬に発生しやすく、メスよりもオスのほうがかかりやすい傾向にあります。転移性肝臓癌は他の臓器の癌からの転移で起こります。これらの癌が起こる原因としては、人工着色料や食品添加物、香料などの化学物質が多く含まれたドッグフードやおやつ、あるいは農薬や家庭用洗剤に含まれる発がん性物質を摂取してしまうことが挙げられます。

この他に、遺伝、生活環境、加齢など様々な原因が考えられますが、明確な原因はわかっていないのが現状です。ただ発癌のリスクを下げるためには、添加物を摂取しすぎないこと、ストレスを減らして免疫力をアップすることを日頃から意識することが重要です。

肝臓は体全体から流れて来る血液が集まる場所です。体内の毒素を一手に引き受けて浄化してくれる重要な役割を持っているため、つねにストレスにさらされています。肝臓を健康に保つためには、出来るだけその仕事を減らすことを普段から心がけることが大切であるため、体に負担をかけないフード選びがとても重要であると言えるでしょう。

犬の肝臓癌の治療

肝臓癌の治療法は、外科手術、抗がん剤、放射線が3大治療法と言われています。まず外科手術では、肝臓の一部を切除してがん細胞を摘出するため、最も短期間で確実にがん細胞を減らすあるいは取り去ることが可能です。しかし全身麻酔で長時間の開腹手術になるため、体に負担がかかる、術後の合併症や後遺症が発生するなどのリスクがあります。同じく放射線治療も全身麻酔の必要性があり、数回に渡って大量照射するため、放射線障害が起こる可能性があります。

抗がん剤は肝臓癌については完治する可能性がほとんどないのが現状です。癌を縮小する可能性があり、麻酔や開腹などの必要がないというメリットがありますが、ほぼ100%副作用が出る、肝機能が低下する、そして癌が縮小しても一時的で再び大きくなるというデメリットがあります。

この他にも、鎮痛や腹水の抜水、肝臓病の治療薬、食欲増進剤、食事療法、サプリメントなど、症状を軽減するための方法はいくつかあります。これらは根治を目的としたものではありませんが、症状が軽減することで生活の質が上がり、それによって免疫力がアップして状態が改善される可能性を大きく含んでいます。

犬の肝臓癌に効果的だと評判のサプリBEST3

総合評価第1位
キングアガリクス100 ペット用 キングアガリクス100 ペット用

アガリクスの中でも王様と言われるブラジル産自然露地栽培のキングアガリクスを100%使用。飼い主さんも飲める高品質!

総合評価第2位
アーテミス アガリクスI/S アーテミス アガリクスI/S

乳酸菌の最高峰といわれるエンテロコッカスフェカリスEF-2001やその他有効成分を贅沢に配合したプレミアムフード。

総合評価第3位
ビガープラス プレミアムセブン ビガープラス プレミアムセブン

Sランク最高品質プロポリスエキスやその他有効成分配合の粉末状のペット専用サプリメント。安心の国内製造・製品化。

ページのトップへ